ハンディマン - 官能短編小説 af – マリアン・ソフィア・ワイズ

ハンディマン - 官能短編小説

af

「素早く振り向き、居間の真ん中の窓に立ってこちらを見つめている彼女を見つけた。すぐに外に出てきたその人はフラミンゴ柄の着物姿のままだった。そして、冷たい水を手渡す。そのグラスを口にあてながら、彼女の裸体を思い描いてみた」ヘンリーは北海を掘削する作業員だ。1日の労働時間は12時間。それが14日間、毎日続く。2週間の連続労働のあと、本土に戻り、友人や独身の仕事仲間と休日を過ごすのだ。本土での夜は女たちと過ごし、悦びを与えながら自分の心を開放する。そして朝になるとさよならを告げるのだが、彼のルールはシンプルだ。同じ女とは寝ない。しかし一度だけこのルールを破ったことがある。彼女の名前はクララ。この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストとのコラボレーションにより実現した作品です。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。
マリアン・ソフィー・ワイズは官能小説家です。

Læs mere
  • Sprog:
  • Ukendt
  • ISBN:
  • 9788726214093
  • Udgivet:
  • 21. august 2019
  • Straks på e-mail
  • 13,95 kr.
Eller spar samlet 0% som medlem
  • 11,95 kr.
  • 0,04 kr. (0%)
  • Forudsætter medlemskab (ingen binding)
    1. uge gratis, herefter 79 kr./md. og kan opsiges når du vil.
Bag om ハンディマン - 官能短編小説
「素早く振り向き、居間の真ん中の窓に立ってこちらを見つめている彼女を見つけた。すぐに外に出てきたその人はフラミンゴ柄の着物姿のままだった。そして、冷たい水を手渡す。そのグラスを口にあてながら、彼女の裸体を思い描いてみた」

ヘンリーは北海を掘削する作業員だ。1日の労働時間は12時間。それが14日間、毎日続く。2週間の連続労働のあと、本土に戻り、友人や独身の仕事仲間と休日を過ごすのだ。本土での夜は女たちと過ごし、悦びを与えながら自分の心を開放する。そして朝になるとさよならを告げるのだが、彼のルールはシンプルだ。同じ女とは寝ない。しかし一度だけこのルールを破ったことがある。彼女の名前はクララ。

この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストとのコラボレーションにより実現した作品です。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。




マリアン・ソフィー・ワイズは官能小説家です。
Andre købte også..
Brugerbedømmelser af ハンディマン - 官能短編小説


Andre bøger af – マリアン・ソフィア・ワイズ
Se alle titler
Gør som tusindvis af andre bogelskere

Tilmeld dig nyhedsbrevet og få gode tilbud og inspiration til din næste læsning.