連れ去られて - 官能短編小説 af – ライナー・ラーセン・ヴィーゼ

連れ去られて - 官能短編小説

af

「『準備はいい?』君が優しい声で問いかける。その微笑みはいつもの君そのものだ。向こうを向いた君は両手を尻に這わせる。堪らず僕は自分の股間に手を伸ばす。君は再びこっちを向いて、花弁に入れた指をスライドさせながら、ストリップダンサーのように身につけたボディストッキングの開き方を披露する。ボディストッキングを軽く引っ張って、ヘアが小さく整えられた花弁を一瞬だけ僕に見せびらかす。僕は手を伸ばすが、君に叩かれて手を引っ込める。僕の上にまたがった君の人差し指、中指、薬指を舐めながら、君の脚の間に僕の股間を移動させる。すると君は腰を下ろし、その花弁に僕自身を滑り入れる」この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストと共同でノベライズされたものです。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。
ライナー・ラーセン・ヴィーゼは官能短編小説専門のデンマーク人作家です。奴隷趣味、支配趣味、サディズム、マゾヒズムがテーマの作品を多く執筆しています。

Læs mere
  • Sprog:
  • Ukendt
  • ISBN:
  • 9788726242355
  • Udgivet:
  • 21. august 2019
  • Straks på e-mail
  • 13,95 kr.
Eller spar samlet 0% som medlem
  • 11,95 kr.
  • 0,04 kr. (0%)
  • Forudsætter medlemskab (ingen binding)
    1. uge gratis, herefter 79 kr./md. og kan opsiges når du vil.
Bag om 連れ去られて - 官能短編小説
「『準備はいい?』君が優しい声で問いかける。その微笑みはいつもの君そのものだ。向こうを向いた君は両手を尻に這わせる。堪らず僕は自分の股間に手を伸ばす。君は再びこっちを向いて、花弁に入れた指をスライドさせながら、ストリップダンサーのように身につけたボディストッキングの開き方を披露する。ボディストッキングを軽く引っ張って、ヘアが小さく整えられた花弁を一瞬だけ僕に見せびらかす。僕は手を伸ばすが、君に叩かれて手を引っ込める。僕の上にまたがった君の人差し指、中指、薬指を舐めながら、君の脚の間に僕の股間を移動させる。すると君は腰を下ろし、その花弁に僕自身を滑り入れる」

この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストと共同でノベライズされたものです。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。




ライナー・ラーセン・ヴィーゼは官能短編小説専門のデンマーク人作家です。奴隷趣味、支配趣味、サディズム、マゾヒズムがテーマの作品を多く執筆しています。
Andre købte også..
Brugerbedømmelser af 連れ去られて - 官能短編小説


Andre bøger af – ライナー・ラーセン・ヴィーゼ
Se alle titler
Gør som tusindvis af andre bogelskere

Tilmeld dig nyhedsbrevet og få gode tilbud og inspiration til din næste læsning.