妖精とパーン - 官能短編小説 af – オルリック

妖精とパーン - 官能短編小説

af

そこにいたのは五人の男で、毛皮のズボンを履いて、奇妙なアニマルマスクを着けていた。そのマスクは噛み癖のある大型犬に被せるマズルにも似ている。ズボンとマスクの二つが合わさって立派な衣装になっている。パーンの服だ。私のあの妖精の妄想を体現している。想像が現実になった。私がパーンを見た直後に彼らはいつもの儀式を始めた。五人のパーンはそれが合図だと知っていたのだ。軽かった彼らの足音がどんどん重くなっていくのがわかる。この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストと共同でノベライズされたものです。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。
オルリックは官能短編小説を数多く執筆している官能作家です。オルリックが手がけた作品には『ダーティー・ドクター』、『Spanish Summer』、『海賊ジェニー』、『ミスターXとのゲーム』、『赤いダイヤモンド』などがあります。

Læs mere
  • Sprog:
  • Ukendt
  • ISBN:
  • 9788726242393
  • Udgivet:
  • 21. august 2019
  • Straks på e-mail
  • 13,95 kr.
Eller spar samlet 0% som medlem
  • 11,95 kr.
  • 0,04 kr. (0%)
  • Forudsætter medlemskab (ingen binding)
    1. uge gratis, herefter 79 kr./md. og kan opsiges når du vil.
Bag om 妖精とパーン - 官能短編小説
そこにいたのは五人の男で、毛皮のズボンを履いて、奇妙なアニマルマスクを着けていた。そのマスクは噛み癖のある大型犬に被せるマズルにも似ている。ズボンとマスクの二つが合わさって立派な衣装になっている。パーンの服だ。
私のあの妖精の妄想を体現している。
想像が現実になった。
私がパーンを見た直後に彼らはいつもの儀式を始めた。五人のパーンはそれが合図だと知っていたのだ。軽かった彼らの足音がどんどん重くなっていくのがわかる。

この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストと共同でノベライズされたものです。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。




オルリックは官能短編小説を数多く執筆している官能作家です。オルリックが手がけた作品には『ダーティー・ドクター』、『Spanish Summer』、『海賊ジェニー』、『ミスターXとのゲーム』、『赤いダイヤモンド』などがあります。
Andre købte også..
Brugerbedømmelser af 妖精とパーン - 官能短編小説


Andre bøger af – オルリック
Se alle titler
Gør som tusindvis af andre bogelskere

Tilmeld dig nyhedsbrevet og få gode tilbud og inspiration til din næste læsning.