フェミニストなあの人 - 官能短編小説 af – サラ・スコウ

フェミニストなあの人 - 官能短編小説

af

「一九六〇年代、人々の夢は大きくなったが、私たちはどんなことも可能だと信じ込まされていた。担当教授を彼の研究室の机の上で犯すことさえできると。外の廊下を何も知らない学生たちが行き来する時間帯でも」何年も前のことだが、パリジャンのフリージャーナリストは記事を完成するたびに、昔の教授のことをついつい思い出してしまう。彼の研究室で過ごした記憶から消せない時間、彼女を机の上に横たえる彼の姿、ゆっくりと彼女の中に押し入る彼自身、後にも先にも経験したことのないほど濡れて熱くなった自分の身体を思い出すのだ。この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストと共同でノベライズされたものです。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。
サラ・スコウは若い女性作家のペンネームです。サラ・スコフが手がけた作品には『オーエン・グレイに夢中』、『カー・セックス』、『Eat With Me』、『あなたの記憶』などがあります。

Læs mere
  • Sprog:
  • Ukendt
  • ISBN:
  • 9788726242362
  • Udgivet:
  • 21. august 2019
  • Straks på e-mail
  • 13,95 kr.
Eller spar samlet 0% som medlem
  • 11,95 kr.
  • 0,04 kr. (0%)
  • Forudsætter medlemskab (ingen binding)
    1. uge gratis, herefter 79 kr./md. og kan opsiges når du vil.
Bag om フェミニストなあの人 - 官能短編小説
「一九六〇年代、人々の夢は大きくなったが、私たちはどんなことも可能だと信じ込まされていた。担当教授を彼の研究室の机の上で犯すことさえできると。外の廊下を何も知らない学生たちが行き来する時間帯でも」

何年も前のことだが、パリジャンのフリージャーナリストは記事を完成するたびに、昔の教授のことをついつい思い出してしまう。彼の研究室で過ごした記憶から消せない時間、彼女を机の上に横たえる彼の姿、ゆっくりと彼女の中に押し入る彼自身、後にも先にも経験したことのないほど濡れて熱くなった自分の身体を思い出すのだ。

この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストと共同でノベライズされたものです。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。




サラ・スコウは若い女性作家のペンネームです。サラ・スコフが手がけた作品には『オーエン・グレイに夢中』、『カー・セックス』、『Eat With Me』、『あなたの記憶』などがあります。
Andre købte også..
Brugerbedømmelser af フェミニストなあの人 - 官能短編小説


Andre bøger af – サラ・スコウ
Se alle titler
Gør som tusindvis af andre bogelskere

Tilmeld dig nyhedsbrevet og få gode tilbud og inspiration til din næste læsning.