赤いダイヤモンド - 官能短編小説 af – オルリック

赤いダイヤモンド - 官能短編小説

af

「もうすぐ絶頂に達しそうなくらい彼女の息遣いが荒くなったとき、僕の舌はまだ片方の乳首に触れていなかった。『その石のサイズはどれくらい?』僕は聞いた。すると彼女は喘いだ。『もうダメ......』僕は乳首をもう一度くわえた。彼女は一枚の木の葉のように震え出した。そして僕は彼女のコルセットを簡単に外す。若い女性特有のハリのある乳房の上で、硬くなった乳首が上を向いている。僕はバーカウンターに飛び乗り、横から彼女に覆いかぶさり、もう一度質問した。『その石のサイズはどれくらい?』と」新規の依頼人の若い女性に薄気味悪いバーで会いたいと言われ、貧乏探偵は同意する。彼女が話す悲しい身の上話など一ミリも信じていないが、肉感的な彼女の身体に免じて、探偵は嘘を受け入れる。目の前の日韓的な依頼人が調査以外のことを望んでいるかもしれないじゃないか......。この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストと共同でノベライズされたものです。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。
オルリックは官能短編小説を数多く執筆している官能作家です。オルリックが手がけた作品には『ダーティー・ドクター』、『妖精とパーン』、『Spanish Summer』、『海賊ジェニー』、『ミスターXとのゲーム』などがあります。

Læs mere
  • Sprog:
  • Ukendt
  • ISBN:
  • 9788726242379
  • Udgivet:
  • 21. august 2019
  • Straks på e-mail
  • 13,95 kr.
Eller spar samlet 0% som medlem
  • 11,95 kr.
  • 0,04 kr. (0%)
  • Forudsætter medlemskab (ingen binding)
    1. uge gratis, herefter 79 kr./md. og kan opsiges når du vil.
Bag om 赤いダイヤモンド - 官能短編小説
「もうすぐ絶頂に達しそうなくらい彼女の息遣いが荒くなったとき、僕の舌はまだ片方の乳首に触れていなかった。
『その石のサイズはどれくらい?』僕は聞いた。
すると彼女は喘いだ。『もうダメ......』
僕は乳首をもう一度くわえた。彼女は一枚の木の葉のように震え出した。そして僕は彼女のコルセットを簡単に外す。若い女性特有のハリのある乳房の上で、硬くなった乳首が上を向いている。
僕はバーカウンターに飛び乗り、横から彼女に覆いかぶさり、もう一度質問した。『その石のサイズはどれくらい?』と」

新規の依頼人の若い女性に薄気味悪いバーで会いたいと言われ、貧乏探偵は同意する。彼女が話す悲しい身の上話など一ミリも信じていないが、肉感的な彼女の身体に免じて、探偵は嘘を受け入れる。目の前の日韓的な依頼人が調査以外のことを望んでいるかもしれないじゃないか......。

この短編小説はスウェーデン人映画製作者エリカ・ラストと共同でノベライズされたものです。エリカ・ラストが表現しようとするものは、情熱、親密さ、情欲、愛が混じり合った力強いストーリーと性愛の物語に映し出される人間の本質と多様性です。




オルリックは官能短編小説を数多く執筆している官能作家です。オルリックが手がけた作品には『ダーティー・ドクター』、『妖精とパーン』、『Spanish Summer』、『海賊ジェニー』、『ミスターXとのゲーム』などがあります。
Andre købte også..
Brugerbedømmelser af 赤いダイヤモンド - 官能短編小説


Andre bøger af – オルリック
Se alle titler
Gør som tusindvis af andre bogelskere

Tilmeld dig nyhedsbrevet og få gode tilbud og inspiration til din næste læsning.